Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

#ChiroruLab

趣味と日々の雑記録

Textwellで簡単にツイートの埋め込みタグを作るアクション。

f:id:chiroru_27:20131021164402j:plain
これはなかなか。

今度は、簡単にツイートを貼り付けられるようになりました。
なんだか、はてなブログ用のアクションが充実してきましたね(笑)
Actions for Hatena.と言った感じ。(あら、かっこいい。)



どうも、@chiroru_27 です
さて、今回はツイートを埋め込む「ツイートインポート」のご紹介です。

ツイートインポート

ソース

>>登録はこちら。

var link = (T.selectedText.match(/twitter\.com/))
 ? T.selectedText
 : (T.pboard.match(/twitter\.com/) && confirm("ペーストボードを使用しますか?\n\n"+T.pboard))
  ? T.pboard
  : "";

var TwitterURL;
T.closelets([
 {title: "このツイートを使う",
  fn: function(){
   var checkURL = location.href.split( '/' );
   for(var i = 0; i<=5; i++) if(checkURL[i] == null) checkURL[i] = "";
   
   if(checkURL[5].match(/[\d]+/)) {
    TwitterURL = location.href.replace(/mobile\./, "");
    if(T.current != "") T("replaceCurrent", {text:T.current+'\n['+TwitterURL+':embed]'});
    else T("insert", {text:'['+TwitterURL+':embed]'});
   } else alert("ツイートページではありません。");
  }
 }
],
function(){
 if(link != "") {
  TwitterURL = link.replace(/mobile\./, "");
  T("replaceCurrent", {text:'['+TwitterURL+':embed]'});
 } else location.href = "https://mobile.twitter.com/"; 
}
);

今回も出力ははてな記法です。

使い方・特徴

URLを範囲選択して実行すると、そのURLを埋め込みタグにします。
選択範囲がない場合は、ペーストボードを検索しTwitterのURLならそれを使うか確認します。
使わない場合や、ペーストボードに違うものが入っている場合はブラウザを起動します。

ブラウザからツイートを選択する場合は、ツイート毎のページを開く必要があるので、一度タップして表示される日付を開いて下さい。
あとはアクションを終了する時に「このツイートを使う」を選べばそれを貼り付けます。

つまり、無駄なことは一切考える必要がないので、ユーザはその作業だけに集中出来ます。

実際に使うとこうなります

[https://twitter.com/chiroru_27/status/392308297602064384:embed]



ブラウザからツイートを選ぶ時はログインして下さいね!

Textwellで「はてなフォトライフ」の画像リンクタグを作るアクション。 - #ChiroruLab
こっちもお勧めです!
以上、@chiroru_27 でした!

Remove all ads