Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

#ChiroruLab

趣味と日々の雑記録

Write Spaceのスライドカーソルに新しい機能がつきました。「undo & redo」

f:id:chiroru_27:20131112142256p:plain

undo & redo

操作感はタイムマシンそのもの。
スライドカーソルも前より正確に動きます。

Dropboxパブリックリンクから「Write Space」を使っている場合は、既に最新です。
(aboutコマンドで最終更新日を確認できます。)

「Write Space」そのまま実行リンク
「Write Space」DLリンク
続きでは、簡単にですがスライドカーソルの操作をまとめます。

スワイプカーソル改め、スライドカーソルと呼ぼう。

// Write Spaceを開く
javascript:
(function(){
 var link = "https://dl.dropboxusercontent.com/s/o0swkbwa8rz0mzx/index.html";
 if(window.getSelection() != "") link += "?add="+encodeURIComponent("\n"+window.getSelection());
 window.open(link,"WriteSpace");
})()

どうも、@chiroru_27 です
前回からURLパラメータが使えるようになったので、連携がぐっと楽になりました!
(´,,・ω・,,`) 特に「Write Spaceを開く」はなかなかのお気に入り☆

さて、今回は「スライドカーソル」に新しい機能をつけてみましたよ〜

スライドカーソル

スライドカーソルとは...

入力中、指で画面をなぞるとそれに合わせてカーソルが移動する機能です。
複数の指を使うことで、選択範囲などの操作も出来ます。

カーソル移動、範囲移動

f:id:chiroru_27:20131112183402p:plain:w350
カーソルを移動するには、1本指で画面をスライドしてください。
範囲選択中、1本指で画面をスライドすると、選択範囲を移動することが出来ます。

  • 改善
    • 範囲移動中、テキスト端までいった場合移動を停止するようにしました。

範囲選択

f:id:chiroru_27:20131112183417p:plain:w350
範囲選択をするには、2本の指で画面をスライドしてください。
原点を通って、右左どちらにも進むことが出来るので柔軟な操作が可能です。

  • バグ修正
    • 左方向に範囲選択を始める際に、1文字分カーソルが移動してしまう問題を修正。

undo & redo

f:id:chiroru_27:20131112183428p:plain:w350
今回の新機能、undoとredoです。
3本指で画面を左にスライドすることで、undoが、右にスライドすることで、redoが使えます。
カーソルの移動と同じようにスライドし続けることで、連続して機能を使うことが出来ます。
(スライド量はカーソル移動の3倍に設定しています。)

タイトル

f:id:chiroru_27:20131112184919j:plain

Charactersでカーソル情報も確認できます。

入力中、Charactersにカーソル位置を表示するようにしました。
範囲選択中は、選択文字数が表示されます。


ホーム画面においてもなかなかステキ

アイコンを用意しなくては・・・!

Dropboxのファイルを更新するだけで、アップデート出来るって楽でいいね。
以上、@chiroru_27 でした!